海外
  • 海外グループ会社
    • 美迪克(上海)商务咨询有限公司
    • 共生(大連)商務諮詢有限公司
    • 台灣善合股份有限公司
    • Angkor-Japan Friendship International Hospital
    • クヴィアン小学校・カンボジア日本友好共生クヴィアン中学校
    • カンボジア日本友好技術教育センター
    • NGO共生の家
  • 海外子会社・合弁会社
    • 瀋陽長者会
    • 上海介護施設
    • 広州谷豊園

▶ その他のリンク>> 詳細検索>> 翔裕館の介護>> 空室一覧

▶ 翔裕館サイトTOPページへ

EPISODE ところざわ翔裕館Ⅰ号館エピソード

公開日︓2022年04月03日

いきな居酒屋

ご利用者様の希望にて居酒屋開催

数年前、入居者様の夢の聞き取りを行いました。

『居酒屋に行きたい』これがT様の願いでした。ビアガーデンの企画やノンアルコールビールの提供はしましたが、どうも『居酒屋』ではない気がしていました。T様はその都度「ベリーグー」と喜んで下 さいましたが・・・

「ベリーグー」は美味しいときやうれしいときのT様の口癖です。 

1カ月ほど前から、食事量が減り、お部屋で過ごすことが多くなってきたT様。誰もが最期が近づいていると感じていました。

どうしても『居酒屋』の夢を叶えたく、お部屋で微睡むことが多くなってきたT様の為に、赤ちょうちんを用意しました。

それをお部屋に飾り「居酒屋ですよ」と声をかけると、うっすらと目を開け、「うんうん」とニッコリされていました。 

そんな様子を見ていた内原さんは「私、着物着てきていいですか?居酒屋の女将になる」と言って、ある日着物を持参し、とっくりとお猪口を用意してきました。

お猪口の中身はポカリゼリー。それを持ってT様の元へ伺い「居酒屋の女将がきましたよ。

一杯如何ですか?」と声をかけると、布団の中から手を差し伸べ、内原さんの手をそっと握りました。

お猪口にひとくち口を付け、T様最期の「ベリーグー」のお言葉を頂きました。

その2日後、赤ちょうちんが飾られたお部屋で静かに息を引き取られました。