海外
  • 海外グループ会社
    • 美迪克(上海)商务咨询有限公司
    • 共生(大連)商務諮詢有限公司
    • 台灣善合股份有限公司
    • Angkor-Japan Friendship International Hospital
    • クヴィアン小学校・カンボジア日本友好共生クヴィアン中学校
    • カンボジア日本友好技術教育センター
    • NGO共生の家
  • 海外子会社・合弁会社
    • 瀋陽長者会
    • 上海介護施設
    • 広州谷豊園

▶ その他のリンク>> 詳細検索>> 翔裕館の介護>> 空室一覧

▶ 翔裕館サイトTOPページへ

EPISODE ふなばし翔裕館エピソード

公開日︓2022年04月01日

笑顔の絶えない日々を送られた、M様。

ある年の春に、ふなばし翔裕館へご入居されたM様。

ある年の春に、ふなばし翔裕館へご入居されたM様。

癌の末期(余命6ヶ月)で、お母さまの最期の住家にとご子息が当施設を選ばれ入居されてからは、笑顔の絶えない日々を送られていました。

秋に入った頃から、背中の痛みを訴えられ、食欲も減り、職員はプリンを1口、ゼリーを1口だけでも食べてほしいと祈る気持ちで寄り添いながら日々弱っていくM様に代わるがわる声を掛けておりました。

ある日、出勤したスタッフが真っ先にM様にお声をかけると、反応が弱く声掛けに答えることがなくなっていました。

ご家族様がいらっしゃるまでは・・・と、何度も何度も声を掛け続け、1時間程経った後、M様の目から一滴の涙がこぼれました。

きっと「ありがとう」の涙を流してくれたのだと思います。

奇しくも旦那様のご命日に、M様は旦那様の元へ静かに旅立たれました。
「皆さんのお蔭で母は最期まで幸せでした」
とご子息から何度も感謝のお言葉を頂きました。