海外
  • 海外グループ会社
    • 美迪克(上海)商务咨询有限公司
    • 共生(大連)商務諮詢有限公司
    • 台灣善合股份有限公司
    • Angkor-Japan Friendship International Hospital
    • クヴィアン小学校・カンボジア日本友好共生クヴィアン中学校
    • カンボジア日本友好技術教育センター
    • NGO共生の家
  • 海外子会社・合弁会社
    • 瀋陽長者会
    • 上海介護施設
    • 広州谷豊園

▶ その他のリンク>> 詳細検索>> 翔裕館の介護>> 空室一覧

▶ 翔裕館サイトTOPページへ

EPISODE ところざわ翔裕館Ⅰ号館エピソード

公開日︓2022年04月01日

お嬢様と共に、特別なドライブ

H様は要介護2の97歳の男性。車いすを使わずに杖を使用して歩かれていましたが・・・

H様は要介護2の97歳の男性。足取りは危ういところもありましたが、絶対に車いすを使わずに杖を持って歩かれていました。

明るい三人のお嬢様がいらっしゃり、面会時にはキャッキャッと話すお嬢様たちの話をニコニコとうなずきながら聞いていらっしゃいました。

お嬢様たちは毎週のようにH様をお自宅にお連れし、親子水入らずの時間を過ごされていました。

 

そんな中、お体の状態の変化により楽しい時間は奪われてしまいました。車いすを使わざるを得ない状況となってしまったのです。それでもH様を帰宅させたかったお嬢様たちに遠慮してか、H様は「帰らない」と言い張っていました。

 

そんな様子を見ていた施設スタッフの「外出禁止なのはわかっているが、車を降りないので、ご自宅の前まででもお連れしてあげたい」という熱い想いで、H様のための特別なドライブが決行されました。

 

お嬢様とご一緒に車に乗り込み、ご自宅を眺めて懐かしそうに微笑むH様。ニコニコ顔で戻られ、H様はその夜、夜勤スタッフに「今日おれ、家に帰ったんだよ」と嬉しそうに話されていたそうです。お嬢様も「涙が出るほど嬉しい。ありがとう」とスタッフにおっしゃってくださいました。

「コロナが収束したらまた行きましょう」と、スタッフの誰もが願っています。