海外
  • 海外グループ会社
    • 美迪克(上海)商务咨询有限公司
    • 共生(大連)商務諮詢有限公司
    • 台灣善合股份有限公司
    • Angkor-Japan Friendship International Hospital
    • クヴィアン小学校・カンボジア日本友好共生クヴィアン中学校
    • カンボジア日本友好技術教育センター
    • NGO共生の家
  • 海外子会社・合弁会社
    • 瀋陽長者会
    • 上海介護施設
    • 広州谷豊園

▶ その他のリンク>> 詳細検索>> 翔裕館の介護>> 空室一覧

▶ 翔裕館サイトTOPページへ

EPISODE そうか翔裕館エピソード

公開日︓2022年03月16日

最後までどう向き合うか…

お看取り宣告をうけた方に私たちは何ができるでしょうか?

深く理解し寄り添う力

R2年12月11日、開設当初よりご入居されてたT様が徐々に体力がなくなり、食事も思うように取れなくなってきたため、お見取りへの移行となりました。

ご本人が望む食事は何だろう。苦痛の少ない動きは何だろうと、居室担当で中心になって行動していた田中さんは他職員との会議、打ち合わせを行いました。食事形態の工夫、介助方法の工夫のなかで、フード事業部への依頼内容検討や補助食品のサンプル取り寄せなど積極的に動いていました。

最期の時まで、T様にとって何が幸せか、何が苦痛ない時を過ごせるか、ご家族様の意見・意向を聞きながら、考え続け行動していました。